<< 「学校耐震化優先すべき」神戸市長、予算削減に苦言(産経新聞) | main | カルガモ走行でETC不正通行460回! 運送業の男逮捕(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

 TBS系の「報道特集NEXT」などで放送された特集番組を作った制作会社の担当者が、詐欺事件の取材過程で他人の郵便物を無断で開封し、中身を見ていたことが15日、分かった。

 TBS広報部によると、特集が放送されたのは、昨年12月5日放送の「報道特集NEXT」と、同8日の「イブニングワイド」。

 両番組では、外国人の男性がかかわっているとみられる詐欺の手口について特集。企画を持ち込んだのは制作会社「APF通信社」で、同通信社の担当者は取材過程で、取材対象の男性の本名を突き止めるため、男性のアパートの郵便受けから公共料金の請求書を抜き取り、シールをめくって中の記載事項を確認した。その後、修復して元に戻したという。

 TBSはこの事実を知らされないまま、同番組を放送。今月14日の「イブニングワイド」で「今後、このようなことが生じないよう全力を尽くしていきたい」などと謝罪した。

【関連記事】
みのもんた、「朝ズバッ!」勧告で謝罪
岡田監督TBS取材拒否を協会が異例の説明
「美人記者」報道でフラッシュが謝罪広告 TBSと和解
TBS「キミハ・ブレイク」収録で深夜に打ち上げ花火 警視庁が注意
清掃シーンはTBSの依頼で撮影 「誤解を与えかねない」と謝罪

「しっかり説明を」=小沢氏に−前原国交相(時事通信)
地球温暖化防止応援団に加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら(産経新聞)
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判(産経新聞)
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
母親の賠償請求を棄却=市の出生届不受理−離婚後300日規定訴訟・岡山地裁(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 02:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
自己破産
クレジットカード現金化
副業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM